へっぽこ父ちゃんのプロポーズ④

プロポーズ
スポンサーリンク

前回、謎の勘違いをした様子の旦那氏。

それでは、今回のお話をどうぞ↓↓↓

 

 

 

 

 

北島マヤは「千の仮面を持つ少女」でしたが、

私は「三千円の女」でした😇

いや別に3000円がいけないってわけじゃないんですよ。
3000円に罪はない・・・

渡した直後に金額の話をするなっていうね。

・・・いやでもやっぱりそこで数千円を出し渋るってケチ臭くない?汗

 

こうして、プロポーズはあっさりと幕を閉じてしまったわけですが

私の心のシャッターも閉じてしまいました(笑)

まあ、いろいろ書きましたがこれは私視点の見え方で。

旦那にもいろいろ言い分があるようですよ。

 

次回、旦那視点のお話、デュエルスタンバイッ!!!!!!

つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました